―SPIRITS OF BODY!―「黙劇のススメ」

かもめの会/花天月地プロジェクト

2017年1127日(月)・28日(火)

ギャラリーΧ

〜身体で語るポーランド・マイム・ワークショップ〜

Spirits of body撃即興劇、パントマイム・テクニック、定形黙劇(Type mime)、無から無限の動きへの有機的ボディ・エクスプレッション、舞台における身体調整(staging)など

講師 さとうゆみ(公式ホームページ

福島県白河市出身、ヴロツワフ市(ポーランド)在住。 マイム俳優 指導者 イベント会社「さとう企画」代表。

「ブリキの自発団」、「唐組」などの小劇場で下積み修行後、1999年よりマイム役者への転向を図る。 「汎マイム工房」代表、あらい汎に師事 学校公演・ソロマイム・多くのミュージシャンとコラボレートを重ねる。 2008年よりポーランドマイム研修のため4度渡航、2015年より活動拠点をヴロツワフ市(※1)に移し、俳優として就労許可を取得。 より演劇的で繊細なマイム劇、指導法を追求するため活動拠点を中欧ポーランドに移す。 同年より、60年の歴史を誇る「トマシェフスキ・州立パントマイム劇場」のトップ女優、教師、ダンサーであったカシャ・ソビシェフスカ女史(※2)に師事。 中心メンバーとして、複数の作品に出演中。(劇中、日本語・ポーランド語の童謡も歌う) 「ワルシャワ国際マイムフェスティバル」ほか、ヨーロッパ各地公演に参加中。 この間、東日本大震災の数年前より、東北の子ども達、教育関係者向けの表現WSを継続的に行う。震災後、ポーランドの俳優を3年連続で招聘 日本各地での表現WSを成功させる。 2016年3月11日 EUジャパンフェスタの支援事業「Fukushima Tree」をヴロツワフ市の劇場にて上演、来年4月もソロ作品を演出家と共同発表予定。

※1 ヴロツワフ市=ポーランド南部、ドイツ、チェコ国境付近に位置する西洋屈指の演劇都市。2016年のEU文化政令都市として、秋にはEU演劇オリンピック開催地として注目を集める。
※2 トマシェフスキ=ポーランドマイムの始祖

応募概要
講師
さとうゆみ 俳優・ポーランド在住
対象者
俳優、パフォーマーはじめ、身体表現に意欲・悩みなど関心のあるすべての方。経験は問いません。
日時
2017年11月27日(月)・28日(火)18:30〜21:30(両日とも)
場所
ギャラリーΧ
参加費
1日 2,500円 / 2日間 4,000円※どちらか1日のみ参加もできます
主催
かもめの会/花天月地プロジェクト
協力
さとう企画
企画
山崎哲史(花天月地プロジェクト)
お申し込み・お問合せ

facebookにて参加表明してください