Χカイレパートリー劇場

『トマシェフスキの黙劇舞台 鑑賞の夕べ』

2020年410日(金)

ポーランドの始祖 貴重な映像資料

ヘンリク・トマシェフスキ(1919年〜2001年)

ポーランドの州立マイム劇場創設者。監督、ダンサー、マイム教育者。 1946年よりオペラバレエに参加。数々の役を演じ分け”革新的な芸術手段”と評された。 1956年、ヨーロッパ初の州立マイム劇場を設立。 フランスのマイムスタイルから離れ、文学・神話・絵画など幅広い分野を身体劇として表現した。 彼の構築した集団パントマイム公演は世界中に旋風を巻き起こし、1983年、東京、京都で来日公演。

解説:さとうゆみ(マイム俳優)

2008年よりポーランド研修開始。 2015年より州立マイム劇団の元トップ俳優カシャ・ソピエシェフスカ女史の「トマシェフスキ教育プロジェクト」に参加し、全作品で主役を務めワルシャワ国際マイムフェスティバル出場。 2016年、ヴロツワフの劇場でカシャ女史と黙劇『生命の木』を共同発表。


公演日程

2020年4月10日(金)18:00
※コミューンΧ
※開場は開演の30分前

チケット

1,000円
(全席自由)

[チケット申込]
シアターΧ

問い合わせ

シアターΧ

このページのトップへ