ファミリーアーツwithエムズクルー

『マリアの首』

2021年1020日(水)〜24日(日)

幻に長崎を想う曲


 

田中千禾夫作「マリアの首−幻に長崎を想う曲−」の初演は1959年、劇団新人会によって俳優座劇場で上演された。
浦上天主堂に残された外壁の「遺構」、広島の原爆ドーム同様に深い悲しみをたたえた天主堂の「遺構」の撤去を長崎市と教会が決めたことに対して、作家があげた抗議の劇である。
『幻、それは惨酷のリアリズム』と題された1973年の俳優座上演時のパンフレットで、『平和のために最も有効と思われた浦上の大聖堂の残骸が、全く姿を消すと知らされた日、それならば、ケロイドのマリア像をこちらに頂戴したい、私はそう定めた』、その上で被爆の風化に対し『せめて幻の中でなら、被爆の乾ききらぬ血を共に拭い、切ない息を共に吸うことができないこともないであろう』と、その動機を述べている。
物語の舞台は昭和33年の長崎、冬。劇の主人公は女性3人、その誰もが運命を受容することなく声を上げる姿には、現代の女性にも通じる切実さがある。
新型コロナウイルスの影響でこの夏公開となった映画『祈り』に続いての上演となった本公演。映画と同様に制作を務めるファミリーアーツ(Kム ーブ)と演劇企画集団エムズクルーとの共同公演は2019年第1回たいとう芸楽祭参加の、糸あやつり人形とのコラボレーション作品「七月の客人」に続き二作目となる。


スタッフ
舞台美術 尾谷由衣
舞台監督 市川貴光
舞台監督補佐 栗林昌輝
照明 竹内右史
音響プラン 川口博
オペレーター 岸智美
音楽作曲 超阪部智彦
衣装 萩原玲子
映像製作 高橋和久 カンタロー 村中誠
宣伝美術 濱野カホル
キャスト

那須野恵 新上貴美(演劇集団 円)
斎藤萌子(エムズクルー) 高橋未央(劇団 文化座)
小川沙織(劇団 文化座) 箕輪菜穂江
おのるみ 島村勝
菊地真之 吉田道広(無名塾)
今井聡 青木隼
大森寛人 石井智也
近童弐吉


公演日程

2021年10月20日(水)〜24日(日)

  20(水) 21(木) 22(金) 23(土) 24(日)
14:00  
18:30 

※開場は開演の45分前。当日券販売は開演1時間前より。

チケット

前売:5,000円
当日:5,300円
アンダー25:3,000円
(全席自由)

[チケット申込]
エムズクルー事務所

問い合わせ

エムズクルー事務所
TEL:03-6228-1777

このページのトップへ