劇団こむし・こむさ

『よそのくに』

2022年112日(水)

劇団こむし・こむさ第8回公演
第33回テアトロ新人戯曲賞佳作


 

もし、生きる場所を
選ぶ自由が奪われてしまったら…
十六人目の拉致被害者として認定された
田中実さんの事件を通して、
生きる場所の意味を追う。

田中実さんについて

1949年、神戸市東灘区に生まれる。 2歳の時に両親が離婚、児童養護施設に預けられた。 神戸工業高校を卒業後、いくつかの職場を経てラーメン店の店員に。 1978年6月、田中実さん(当時28歳)はラーメン店の店主と共に、成田空港からウィーン行きの飛行機に搭乗。 以後、消息不明となる。 27年後の2005年、拉致被害者に認定された。
(なお現在、帰国を果たされた5人の方を含め、17人の方が拉致被害者として政府に認定されている。)


スタッフ
作・演出 野村勇
音響 市来邦比古
照明 安達直美
舞台監督 田中新一
キャスト

市川清文 中島康太郎
今野好江 青木一代
荘司あや子 野村勇


日程

2022年11月2日(水)14:00/18:30

※受付開始は開演の1時間前。開場は開演の30分前。

前売:2,800円
当日:3,000円

チケット

一般:5,500円
シニア(65歳以上:5,000円
学生:3,850円
ハンディキャップ:3,300円
(全席指定)

[チケット申込]
Confetti(カンフェティ)
0120-240-540(平日10:00〜18:00)
劇団こむし・こむさ
03-3405-4743
ticket@haiyuza.net

問い合わせ

劇団こむし・こむさ
Eメール:nomura19496gmail.com(野村)
Webサイト:http://www.ichikiyo.com/komushi.htm

このページのトップへ