舞踏インスティチュート ワークショップ

シアターΧ 本物の『俳優修業』シリーズ

舞踏インスティチュート 参加者募集

舞踏は自然本来のカラダを取り戻し、太古の広々とした強い生命力・子供の自由な創造力・動物の感覚などを回復しようとする豊かな世界。 それが世界の人々を感動させる舞台に結びつくことを、数十年のフランス活動で実感して来ました。 情動閉塞状況の今の日本でこそ、役者・ダンサーに役立てていただきたいと思います。
(古関すまこ)

古関すま子(こせきすまこ)

早稲田小劇場、VAVスタジオを経て1977年ナンシーフェスティバル招聘、グロトフスキとの邂逅をきっかけに30年間フランスで活動。 コメディー・フランセーズやジャン=ルイ・バローなどの主要劇場で、日本的身体技法と西欧の明晰な舞踊論、演出法との交感から抽出された踊りが、ル・モンド紙等で「恐るべき美しさ」「盲人の視覚」「爬虫類の記憶」などと評される。 現在はヨーロッパでの活動に加え日本でも放送大学講師等。

訓練内容

気の開発・受け渡し。呼吸法。体の分節化。ダンステクニック初歩。酔っぱらいとトランス。動物の緊急反応。デフォルメ。アーケタイプ。未知で懐かしい自分…など

概要
日程
2016年1月11日20:00〜(予定)
会場
シアターΧ劇場にて
参加費
1回:2,000円
お申し込み・お問合せ

古関すまこ
Eメール:kosekisumako@hotmail.com
シアターΧ舞踏インスティチュート

シアターΧ 舞踏インスティチュートの経過

2011年5月 すまこ独舞公演、松岡正剛氏との対談。9月より 第一次ワークショップ
2012年1月 「マクベス断章―遠野で見た夢」ワークショップ公演
2012年6月 第2・3次ワークショップ。シアターΧ国際舞台芸術祭2012参加「マクベス断章―遠野で見た夢」
2013年1月29日 第3次ワークショップ 「かぶく」前期発表会
2013年6月〜 第4次ワークショップ。
2013年10月〜 第5次ワークショップ。